« 立山黒部アルペンルートへ!その2 | トップページ | 新・成田エキスプレス! »

2009年9月 5日 (土)

立山黒部アルペンルートへ!その3

さて、3日目です。で、このルート行ったら、ここは当然です。「黒部峡谷トロッコ列車」です。

P1090513s まずは、宇奈月温泉駅へ。駅前には、立派な模型があります。で、ここで記念撮影しようとしたら、ここは、団体専用(有料)だからダメと。

P1090512s 個人はこっちだと。ケチ!シャッター押しますよなんて言ってますが、この反対側からで、どう見てもびんびんの逆光。あんたプロじゃないでしょ!

P1090515 乗車券に交換して。

P1090518s では、出発!ドアは、鎖だけです。

P1090527b 出発して、しばらくは泊まっていた「ホテル黒部」を右手に・・・?凄いところに建っていたんですね。

P1090527s で、そのベランダをよ~く見ると、タオルを振り回すお姉さん方が。ホテルの女中さんが振り回して、うちらを送っているんですよ。何となくうれしいですね。

P1090558s なかなかの峡谷の景色が続きます。

P1090607s_2 猿専用の吊り橋だそうで。

P1090603s 名所の後曳橋は、模様替え中でした。残念。

P1090591s 途中、巨大ダンプがいました。もしかして、帰る道が無かったりして。ん?マジでこのトラック、現場までどうやって運んだのですか?公道走れないよね???

P1090576s 終点、欅平駅についたら、すぐ帰りです。

P1090621s_2 最後に、機関車と記念撮影。他にはない、独特の形ですね。

P1090627s 街灯の上に、列車発見!

P1090623 お昼です。時間がなかったので、今日も立ち食いそばです。山菜が入って良いですが、ここも汁が薄いです。ここらの蕎麦は汁の薄いのが普通なのでしょうか?

P1090626s さて、帰りも特急です。今度は旧レッドアローでした。

P1090633s 乗り換えの、新魚津駅です。コンパクトですね。

P1090635s ここからは、JRです。「はくたか」です。

P1090636_2 では、ここでおやつ。昼食がちょっと足りなかったので。え、隣にビールが見えるって?

P1090639 電車に乗りながらだと、よりおいしいですね。日本酒の方が良かったなあ。

P1090658s 越後湯沢駅に着くと、ホームに、

P1090656s 派手ですね。車の痛車なんて、おとなしい方ですよ。

P1090655s_2 ほんと派手。

P1090664s 越後湯沢駅では、途中下車出来ます。

P1090663s 駅ビルに。入りたかったなあ。できたら日本酒を飲みながら・・・・・

P1090665s 最後にE1トキに乗って。

P1090669s 新幹線の中で、suicaを使って、ポケモンのカップのドリンクを買って、携帯クリーナーGet!

P1090673s 大宮駅で、まったりしていたら、200系のリバイバルカラーが。

リバイバルカラー、流行ってますね。来週には、山手線に茶色い電車が走るそうです。

長々と、見ていただきありがとうございました。

おつかれさま。

|

« 立山黒部アルペンルートへ!その2 | トップページ | 新・成田エキスプレス! »

お出かけ」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

1番満足したのはオトーサンの希ガス(* ̄ー ̄*)

黒部ダム・・・逝きたい。

投稿: グッチ | 2009年9月 5日 (土) 21時21分

トラック類は分解して峡谷鉄道に載せて運搬します
確か2t位のトラックならば専用貨車に載せてそのまま欅平までOKとか
欅平駅に写真ありました

ちなみに宇奈月温泉には温泉はありません
黒薙温泉からの引き湯です

投稿: くろべー | 2009年9月 5日 (土) 22時27分

拝見しました
いやあ、懐かしかった(20年前に一回)し、
乗り物好きには最高な旅行ですね

そばつゆは、関東が濃すぎると、聞きますが・・・

投稿: | 2009年9月 6日 (日) 02時20分

コメント、ありがとうございます。

グッチさん、決定権を持ってますもんね。
一応、子供のツボを押さえていますので。
黒部ダムは、行く価値ありますよ。

くろべーさん、ありがとうございます。やはり、分解して運搬できるのですね。

みんな、一生に一度は訪れる所ですね。
そばつゆの濃さは、色の濃さとも言いますけど。
否定はしませんが、どれも、味が薄かったです。かなり。

投稿: らっか | 2009年9月 6日 (日) 07時24分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 立山黒部アルペンルートへ!その3:

« 立山黒部アルペンルートへ!その2 | トップページ | 新・成田エキスプレス! »